地球環境のための藻場再生

近年では環境保護のために世界中でいろいろな取り組みが行われています。地球環境の改善には実にいろいろな方法があります。

砂漠の緑化、ゴミ削減、リサイクルなどたくさんあります。

そして最近注目されているのが藻場再生です。藻場を再生することは海の環境を保護するために行われています。日光が届く比較的浅い海中に生息する植物を増やすための取り組みの事をいいます。

植物が生息できるような環境作りが行われています。海中に生息する植物を増やす事によって魚などにも大きな影響を与える事にもつながります。

水質、生物を守る藻場再生

藻場とは、沿岸域の浅い海で海藻が森林や草原のように生い茂っている場所で、魚介類などの多くの水棲生物が暮らすための場所となっており、産卵場や生育場所といった役割だけでなく、水質の浄化や光合成による酸素の生成といった海の環境を維持するための重要な機能も持っています。

また、アワビやサザエ、ウニなどの漁場としての役割も持っています。

しかし、藻場が失われてしまうと、海の環境の悪化だけでなく、漁業へも悪影響を及ぼすため、藻場再生を行う必要があります。藻場再生を行うことで、本来藻場が持っていた機能を取り戻し、水質が良く、多くの生物が暮らす豊かな海にすることができます。

藻場再生の重要なポイントとなる核藻場の確保

藻場再生は、日本古来からの海産資源でもある昆布やわかめの生息を促し、その生産活動を高める目的として行われます。なかでも藻場再生でキーとなる政策については核藻場をしっかり確保することで、魚やカニ、うになどの食害からそれを守ることで、絶滅に瀕しない状態を常に保つことにあります。

例えばその確保にあたっては、周囲に藻を食べる魚などを侵入させないネットを張り、またうにやカニなどの移動を防ぐフェンスを海底に設けるなどの施策を講じます。特徴としては魚の侵入に関しては立体的な対策、うにやカニの侵入に対しては平面的な対策を講じる方法となります。

藻場再生プロジェクトの取り組み

藻場とは、海の沿岸域で藻や海草が多く生息するところのことです。藻や海草は光合成を行うことで海水に酸素を供給し、また魚の餌場や卵の産卵場となることで海を豊かにし豊富な海産物をもたらしてくれます。しかし、藻や海草が死滅する磯焼けという現象が起こると、そこに住む水棲生物も減少し、漁場としての活用もできなくなってしまいます。

そのような地域で様々な藻場再生の取り組みが行われています。藻や海草の種子を撒いたり施肥を行ったりします。磯の掃除なども行うほか、鉄を作るときの副産物である鉄鋼スラグを海に供給することで、鉄分を補って海草の成長を促す試みも行われています。藻場再生は最近注目されており、全国様々な場所で試みられています。

藻場再生プロジェクトに関する記事