会社のホームページ制作を行う

今後、会社設立を行う予定があるのであればぜひ自社のホームページ制作は行いたいですね。企業同士が取引を行う際には、相手の会社が信頼できるかどうかホームページから情報を集めて、調べる人もいます。

そして、もちろん、アピールするという目的でも活用できます。できればプロに作ってもらった方が、より完成度が高く、いい内容のものができる場合もありますが、中には自作する人もいる様ですね。

会社設立を行うのであれば、どの様に顧客にアピールしていくかという事も考えておき、営業活動を早く始めておくと、開業と共にある程度の集客を見込めるでしょう。できる限り、自分でチャンスを作っていきたいですね。

納期を守る必要があるホームページ制作

個人的にホームページ制作を行う時には、納期などは関係ありませんが、仕事として人から頼まれたホームページ制作を行う場合には、やはり納期を厳守する必要があります。ホームページ制作は作業量が多いので、時間配分を間違ってしまわない様に注意しながら作業を行う必要があります。

また、どうしても納期が厳しいという時には、徹夜でホームページ制作を進める事もあります。ホームページ制作で納期が守れないとなると、信用にも関わりますので、非常に大事です。納期はこのお仕事の難しい点と言えるでしょう。また、複数の仕事を同時に抱えている場合であったとしても、すべての仕事にしっかりと対応しないといけません。

スマホ版のホームページ制作

パソコン版のホームページ制作を行う事はもちろんですが、最近ではスマホ版のホームページ制作を行う事も欠かす事はできません。ホームページ制作においてパソコン版とスマホ版では画面の比率が大きく異なりますし、またサイズも違います。

スマホ版のホームページ制作を行う時には、画面も小さいので、特に使い勝手が悪くならない様に配慮しないといけません。スマホ版のホームページ制作では文字サイズが小さくなりすぎない様に注意する事はもちろんですが、ボタンを指でクリックする事になりますので、ある程度のサイズがないと押しにくいと感じられる事もあります。細かい部分も利用しやすい様に工夫しましょう。

ホームページ制作のために行われる取材

最初は何も材料などがない所からホームページ制作がスタートする事も多いので、取材が行われる事もあります。ホームページ制作のための取材の前には、どんな素材が必要になるのかという事をあらかじめ把握しておく必要があります。

ホームページ制作を開始してから足りない素材が出てきた場合には、何度も取材をしないといけませんので、一度の取材で必要な素材を用意しないといけません。また、ホームページ制作の際に使用する素材がある場合や、クライアントから写真などの素材が送られてきた場合には、取材などは行わず、その材料を活用する事によってホームページ制作が行われる事もあります。素材の確認は最初に行いましょう。

ホームページ制作やECサイト構築に関する記事