SEOスパム

もし、サイトに行ったSEO対策がスパムとして扱われてしまう様な事が起きると、結果として順位は落ちるという事が予想されます。

時には大きく順位を落としてしまう様な事も想定されます。努力が水の泡となってしまうと困りますね。

できるだけスパムとして扱われない様に、気を付けながらSEO対策を行う人は多いと思います。

また、アルゴリズムが変わると、過去に行った対策が引っかかってしまう事もあるでしょう。その際には、最適化を行っていきたいですね。

もしも、準備が大幅に降下した場合であっても、また復活するという事が可能な場合もある様ですので、引き続き対策を行っていく様にしたいですね。


SEOスパム例

seoスパム例は次のとおりです。

  • 1.隠し文字を使う。非常に小さいフォントを使う。
  • 2.全く関係のサイトから非常に多くの被リンクを集める。
  • 3.不自然なリンクを得る。
  • 4.リンクファームに参加する。
  • 5.違法なサイトからリンクを得る。
  • 6.seoのためだけのサイトを作成する。

6.は主観的なところがありますが、コンテンツが全うであることがその評価基準となります。コンテンツがなく、意味のない言葉を連呼するなどはこれにあたります。

SEOで大事なこと

基本的には怪しいことはしない。ということに限ります。被リンクも大切ですが、コンテンツが一番でその次がコンテンツがあるページからの被リンクとなります。コンテンツありきです。コンテンツはクオリティーが高ければ高いほどいいということになります。

コンテンツの質、量が十分でないサイトからの被リンクはない方がいいと思います。もし、一時的に評価されていても長い目でみるとよくないのは明らかです。コンテンツの量ですが、こちらは多い方がいいと思います。少ないものはほとんど評価されないでしょう。

seo対策を理解し、コンテンツの充実を図る事

seo対策とは、検索エンジンのなるべく上位陣に表示されるように頑張る行為を指します。 今ではブロガーからビジネスパーソン、趣味でHPを更新する個人まで、幅広い方々がseo対策をしています。 趣味のHPであればアクセス数は、とどのつまり適当でも良いかもしれません。

しかし、ビジネスパーソンや企業にとってアクセス数の低迷は死活問題です。 コンテンツを充実させる、ユーザーに理解してもらえる面白コラムを連載する等、seo対策を常日頃からしなければ、せっかくの宣伝媒体が無駄になります。 テレビではありませんが、常に視聴率ならぬアクセス数を気にかけた媒体作りが求められます。

SEOの記事