スモールキーワード

この場合のスモールはサイズのことではなく、概念として小さいということを指します。

ニッチキーワードと表現される場合も多いですが、対になる言葉はビッグキーワードと呼ばれます。

「料理」などのように漠然としたキーワードではなく、「フランス料理」「イタリア料理」などのように絞り込んだものがスモールキーワードです。

ユーザーの検索クオリティが向上してきておりますので、現在では「フランス料理」などもビッグキーワードと言えるかもしれません。
「フランス料理 梅田」などのように地域名で絞り込む場合もスモールキーワードと言えます。

seoでは言葉をアルゴリズム解析

グーグルのアルゴリズムはユーザーに最適なコンテンツの載ったサイトを表示します。ひと昔前はキーワードに入っている言葉が重要で、それは今でも変わらないのですが、単に言葉の表面上の意味だけでseoを完結させるということはないです。

今ではグーグルのアルゴリズムはコンテンツの内容とキーワードをトータルで複合的に考え、ユーザーの求めているものなのかという観点でサイト表示しています。なのでAIへのアピールではなく純粋なコンテンツseoに集中することがサイト作成者には求められています。 このことを認識してサイトを作れば効率的です。

seoで考えるべき検索システムのアルゴリズムの概念

seoで考えるべき検索システムのアルゴリズムの概念はサイトの重要性をシステムが考えているということです。そのため、小手先の技術を重視するのではなく、どういうことをすれば、この考え方に合うのかを考えるのが将来的には最も正しいseo対策となります。

つまり、サイトの重要性が最も判断で重要視されるということです。これまではリンクの数だったりということが判断材料とされてきましたが、その方法は人工知能の登場によって大きく変わっていくと考えられます。ですから、基本に戻ってサイト自身のコンテンツを充実させるなどの方法を考えるのが大切です。

seo対策とアルゴリズムの動作の関連

seo対策を行おうとする際には、Googleの検索アルゴリズムがどのように動作してるかを念頭に置いておく必要があります。まず、ページを新規作成した際には、Googleの検索アルゴリズムのデータベースに登録されます。

そして、登録させると、そのページの内容が解析されて、どのようなキーワードで関連性が強いのかなど、評価を決定するのです。そのため、seo対策では、この流れに従って、まずはデータベースに登録されることを目指して、その後に、キーワードでの評価を高めるべく対策を行なっていくことが順当な流れとなります。