SEO対策の実際

seo対策の実際の施策とはなんなんでしょう。多くの場合は順位を上げようとするサイトのチューニング(内部対策)とその対象サイトの外部からのリンクを行う外部対策になります。

一言で、内部対策、外部対策といってもseo会社によって大きく異なります。そのため、seo施策の項目をチェックしてもあまり意味がないかもしれません。

また、最近のseo対策は徐々にコンテンツを増やし、被リンクを増やす必要があり、継続的な施策が望まれています。

そのため、SEOというのは最初にまとめてたくさんの作業を行って、後は全く何もしない、というのはいい対策とは言えません。

面倒に思うかもしれませんが、さぼる事なく、定期的にずっと手間や暇を費やして行っていく必要があります。

逆にコツコツと何かを続けていくのが得意だという人にとっては、SEO対策はそれほど苦痛に感じないかもしれませんが、続けるだけでなく、改良しなくてはいけません。

アルゴリズムも最近ではリンクブレインというAIによりコントロールされているため、日々変化しています。そのため、日々の順位の遷移をチェックしながら、分析する必要があります。

seoの内部対策に関してはお客様でコンテンツを増やすなどの施策はできますので、これを続けることで順位を少しでもあげることは可能です。

seo対策の依頼の流れ

困っている事などがあり、seo対策について会社に相談する場合には、どの様な流れで対策が行われるのかという事について考えてみたいと思います。まず、seo対策について相談し、会社の人が状況の把握に努め、どの様なseo対策が必要なのかを割り出し、見積もりに関するやり取りが行われる事もあるでしょう。

そして、双方に問題がなければ正式にseo対策を依頼するという事になるかと思われます。そして、料金の支払いを行う事でseo対策が開始されるという流れとなっている場合が多い様です。一部会社によってこれらの流れが異なる部分もあるかと思われますので、気になる事などがあれば個別に確認するといいでしょう。

seo対策の依頼時の注意点

seo対策という言葉は同じでもseo会社によって行っている作業はことなるため、作業内容を確認すること。そして、費用の根拠を明確に説明してもらうこと。

それ以外の注意点は以下の通り。

  • 1.seoサービスの契約期間の確認
  • 2.もし順位が上がらなかった時はどうなるのか?の確認
  • 3.seoサービスのリスク
  • 4.seoサービス期間中のキーワード変更について

seo対策で心にとめておくこと

seo対策をするにあたり、次のことを考える必要があります。

  • 1.seoは成功するとは限らないこと
  • 2.seoはgoogle次第なので順位があがるかどうかは最終的にはgoogleが決めるということ
  • 3.googleの順位のつけ方は変化するため昔の情報には正しくないものが多くあるということ
  • 4.お金をかけたからうまくいくというわけではないが、お金をかけて調査、施策を行わないと成功しないこと

seoにおいてのランキングシグナル

グーグルは検索順位を決定づけるシグナルの一つにRankBrainが入っていることを示唆しています。RankBrainはグーグルのアルゴリズムの根幹部分にあたるものであり、検索クエリの解析に大きく貢献しています。具体的には、検索者が入力したワードから、検索者の意図を読み取り、その結果からもっとも適したサイト順位で表示するというものです。

これはseoにとって非常に重要な機能であり、ユーザーの満足度を最大化させるというグーグルの理念に一致する機能です。 そのため、seoにおける重要なシグナルにはなっているでしょう。

seoはコンテンツの内容で検索エンジンに好かれる

ブログやコームページを作っていて、検索順位が上がらないと困っている方も多いのではないでしょうか。ライバルのサイトは、検索の上位に表示されるのに、自分でseoをしても変わらなく低いと悲しくなります。

ブログやサイトのコンテンツの内容だけでは、検索順位を上げることはできません。これは、検索エンジンが時々アップデートされ、順位が変更されるためです。seoには、内部リンクや外部からのリンクなど、様々な要件が絡んできますので、真剣に考えているのであればプロの専門家に依頼した方が時間を効率的に使うことができます。

SEOの記事