SEO対策プラン

顧客に対してSEOのサービスを提供してくれる会社というのは数多く存在しています。しかし、時には支払い方法が選べる場合もあります。

まず、よく見かける定額制です。定額制は毎月会社に対して同じ金額を支払います。いかなる結果であろうと、支払いに変化はありません。

一方で毎月異なる金額を会社に対して支払うのが成果報酬です。これは結果に応じて支払う金額が違います。SEO対策を行って、何位以内にどの位の期間ランクしたか、という事で支払う費用は決定する事になります。

この支払い方法の特徴として結果が出ていないにも関わらず、費用を会社に対して支払うというリスクを軽減する事ができますね。


SEO成果報酬プラン

googleのAI導入、高精度なアルゴリズムとなったため、チープなseoでは全く通用しなくなってきました。そのため、成果報酬でseoサービスを提供している企業が大幅に減ってきています。それは当然と言えば当然の流れです。もし、どうしても成果報酬プランということであればかなりの高額な費用となり、それは逆に大きなリスクとなる可能性があります。

現在のseoではコンテンツが非常に大切で、このコンテンツをseoのために用意するとなる費用がかかり、それをseo会社に負わせるとなるとseo会社は及び腰になります。また、AIとなったため、アルゴリズムが頻繁に更新され、そのためseoもかなり大変な作業を強いられることになっております。ざっと1年前の3倍程度にはなっているでしょう。コンテンツ、ドメインの用意を考えると5倍ぐらいのコストがかかっているのではないでしょうか?

SEO月額固定プラン

現在のseoサービスの主流になっております。契約期間は1年前後が多く、それ以上のものもあります。価格はここ数年で倍程度になっております。プランはキーワードによってかわる場合が多く、費用も会社によって大きくことなります。

seoにはコンテンツが必要なため、コンテンツとドメインを用意するための費用が増大しているため、価格はさらに上昇する可能性が高いでしょう。ただ、それでもリスティング広告よりは格安となる場合がほとんどと考えられます。もしうまくいけばの話ですが、リスクを全く負いたくないという場合はseoをしない方がいいでしょう。

グーグルはseoを強化している

グーグルはseoを日々強化しており、ブラックハットは通用しません。純粋なコンテンツseoが重視されており、AIに対してあれこれしても無意味です。そして、これは逆に言えばコンテンツを頑張れば評価されるということなので、サイトを健全に運営していこうという人にとってはかなりお得な状況と言えるかもしれません。

ネット上にブログなどを置いてコンテンツをやっていけば、個人でも広告収入などで稼いでいける時代になっているので、やっておいた方がお得です。そして、そのためにはコンテンツを書く練習が必要ですが逆に言えばほぼそれだけです。

seoとコンテンツが完璧でもトラフィックが原因で滞る事も

万全なseo対策を施し、集客のための完璧なコンテンツを用意できたとしても、トラフィックが原因で閲覧者が当該のウェブサイトまで辿りつかなければ意味がありません。

過去に実績のあるseoを実行するなど、間違いの無い準備が出来ているのに、いまひとつアクセスが伸びない場合は、顧客が利用している端末から、コンテンツが構築されているサーバーまでの間のトラフィックに、何かしらの問題が生じてアクセスが滞っている事も少なくありません。 サーバーまでの経路を徹底的にチェックするのはもちろん、場合によってはサーバーの移転も含めて検討する必要があります。

成果報酬SEO
SEO対策FOA。大阪発のSEOサービスの案内。

SEOの記事