過払い請求

過払い請求とは、法定利息よりも高い利率で返済しているために支払いすぎてしまったお金、いわゆる過払い金を返してもらう手続きです。

過払い請求は、返済中だけでなく、完済後でも10年以内なら行うことができます。

過払い分のお金が返ってくるかもしれないというメリットがありますが、過払い請求にはデメリットもあります。

それは、返済中に過払い請求を行うと信用情報が登録され、クレジットカードの利用が難しくなったり、ローンが組めなくなります。

しかし完済後の過払い金の請求では信用情報が登録されるようなことはありません。

ただし、請求後はその会社に情報が登録されるので、その会社での借り入れは難しくなります。

過払い請求をするなら

過払い請求は正確にいうと「過払い金返還請求」となります。過払い請求を行うには通常、高額な場合は弁護士、そうでない場合は司法書士ということが多くあります。高額かどうかを考えて依頼する法律事務所を選んでください。どちらかわからない場合はとりあえず弁護士っていうのもいいかもしれません。

当然、過払い請求をお願いする場合は代行費用が発生します。費用は弁護士より司法書士の方が安い傾向にあります。費用を優先させるなら司法書士?ってことなのかもしれません。実際、TVやラジオのCMで司法書士の宣伝をよく見かけたり、聴いていると思います。

まずは気になったら弁護士事務所か司法書士事務所かに連絡してみてください。

どんな人が過払いの対象なのか?

昔または今借金があって、もし借金返済が終わっていても10年以内なら過払い請求をすることができます。この借金というのは主にカードローンや消費者金融において借金があったということです。消費者金融ではなくてもカードローンというのは意外と多くあるとおもいます。

すでになくなった消費者金融も多くあり、もし借りた会社が今、存在するのであれば相談の価値ありです。司法書士事務所や弁護士事務所はすぐに相談にのってくれますので安心してください。詳しい資料がなくてもまず相談することをおすすめします。

過払いや個人再生の相談は弁護士にすべき理由

過払いや個人再生の相談は、弁護士にすべきです。その理由は、きちんと専門知識を持っていますし、扱えない案件がないため、的確な道筋を立ててもらうことができるからです。債務の返済をすることができなくなったり、困難になってしまったりした場合には、それに対して何らかの手段を講じなくてはなりません。

その点、弁護士なら、相談者に適している方法を考えてもらうことができます。過払いで解決できるのであれば個人再生をする必要がないといった点を、多角的に検討してもらえます。その点で、他の専門家に相談するよりも問題解決が期待できます。

クレジットカード返済で困ったら弁護士へ!過払い金が戻るかも

クレジットカードや消費者金融を使いすぎて借金で首が回らなくなったら、なるべく早く弁護士のところに相談しに行くのが賢明です。恥ずかしいからという理由でなかなか相談に行かない人も多いものですが、利息の支払いさえままならない状態になっていたりしたら、もうどんなに頑張っても個人の力では無理ですから、専門家の力を頼るべきです。

どんなに多額の借金があろうとも、解決できない借金問題はありません。なんとなれば最後は自己破産という手段もあります。そこまでいかなくても、弁護士に相談すれば借金の取立てが止まりますし、過払い金を取り戻せる可能性もあります。

ローンの過払い金処理なら弁護士へ

高額な利子が付けられたローンは法律上無効となります。しかし、過払い金として自分から請求しなければ貸主が変換してくれるわけではありません。そのために弁護士に相談して手続きを行ってもらうことになります。

どのような場合に過払いとなるのかを確認するためには専門的な知識が必要です。自分で考えるよりも弁護士に依頼するべきでしょう。もちろん、そのための依頼費用が発生しますが、返還金の中からの報酬ですから、手出しが発生するわけではありませんし、自分にも返済されてくるのです。すでにローンが終わっている場合でも適用できます。

過払い金請求において大事なこと。過払い金ナビ 大阪、京都のことなら弁護士法人みお。大阪、京都に事務所。

過払い請求の手続き、代行手数料の説明。過払い請求には時効がありますのでお早めに。

過払い関連の記事