「SEO青二才」へようこそ

当サイトはSEOについての情報サイトです。

SEOという言葉自体の認知度は高いものの、それに関連するキーワードについてはあまり知られていないことが多いです。

曖昧な知識でのSEO対策は反って順位を下げる原因になりますので、当サイトを使って様々な用語を知ってみて下さい。
そして正しい知識で正しい対策を行い、順位アップを目指しましょう!

静的ページ
phpなどのプログラムで自動的に作られるページでないページを指します。

スモールキーワード
単一キーワードは一般にビックキーワードと言われますが、これに地域や形容詞などがついて制限されるような
キーワードを指します。

サマリー
要約のことをいいます。

潜在顧客
表には見えない顧客を指します。隠れた顧客であるため、規模を測ることは難しい。
SEOにおいてこれは非常に大切です。

seoにとって不可欠なもの

seoにとって不可欠なものがあります。それはホームページのコンテンツとホームページへのリンクです。これがないと話になりません。

コンテンツはより多く、内容がオリジナリティーが求められます。また、ホームページへのリンクは関連性、リンク元のドメイン、ページのオーソリティーなどがひつようになります。もし、そうでない場合は評価されなかったり、全く無駄なものになってしまいます。

seoにとって気をつけたい対策

seoで特に気をつけたい対策は次のとおり。

  • 1.内部対策と称して露骨なキーワードの埋め込み。
  • 2.内部リンクにキーワード単体ばかりを埋め込むこと。
  • 3.関連性のないコンテンツでサイトのページを増やすこと。
  • 4.外部のペイドリンクの利用
  • 5.関連性がなく、質のサイトからの被リンク
  • 6.違法な内容のサイトからの被リンク

オンラインの強化としてseo対策

オンラインでのビジネスを強化したいと考えている企業もあるでしょう。もし、その様に考えているのであれば、自社サイトの運営はもちろんですが、更にseo対策を行うなどして人を呼び込むのもいいでしょう。

また、seo対策の他にも更に集客を強化したいと考えるのであれば、バナー広告やリスティング広告を併用する事によってもそれなりに効果を高められる事もあるかと思われます。

seo対策などの集客はこれだけできればそれでいいという事はなく、利用してくれるユーザーは多ければ多いほど好ましいという事が考えられます。まだseo対策を行っていないという場合には、ぜひseo対策を取り入れる事を検討してはどうでしょう。

seoのテクノロジーの進化速度

グーグルの技術者は英知を集めて日々AIのロジックを進化させているので、seoのレベルも上がっています。最終的なテクノロジーのゴールはユーザー満足度の最大化です。要するに、ユーザーが求めているサイトを表示するのみならず、ユーザー自身も気づいていないような潜在意識を探り当てるようなレベルでのseoを実現することがグーグルのゴールです。

人工知能によるデーターベースがそれを可能に近づけており、この検索ワードのユーザーはこのサイトを見たいというデータを集めて日々解析しています。ひと昔前のブラックハットが横行していた時代とは違うのです。

googleで調べ物にはseo

googleを始めとする検索エンジンはたくさんありますが、表示される検索結果など何も気にしないでサイトを選んでいる方は少なくないのではないでしょうか。探していたウェブページが検索結果の上位に表示されていたから調べ物が楽になった経験は誰もがあると思います。

それにはseoという仕組みが用いられていて、ウェブページを出している企業側が一人にでも多く見てもらえるようにその仕組みを使って検索結果の上位に表示されるようにしているのです。seoとは検索エンジンを使うユーザーだけでなく、企業側にもメリットがある仕組みなので、大阪などの大きな都市ではセミナーなどが定期的に開かれていて利用してみるのも良いです。

google検索エンジンに対するseo対策について

seoというのは、Search Engine Optimizationの略です。日本語に訳すなら、検索エンジンの最適化という意味となります。もう少し詳しく言うと、googleなどの検索エンジンで検索された結果に自分のサイトやページが上位に表示されるように最適化を行うことです。

アフィリエイトの収入を増やそうと思えば、対策をして検索結果で上位に表示されるようにする必要があります。ですので、ユーザーが何を求めているのかをリサーチしてキワードを選定し、良質なコンテンツを提供していく必要があります。このseo対策のセミナーが、ここ大阪でも数多く開催されています。

seoで成果を出すために必要な知識について

seo対策をすれば、必ず検索エンジンのランキングが上位に来るわけではないので気をつけなければいけません。成果をだすには、しっかりとした知識が必要となります。

seo対策としては被リンクを多く集めて、googleの評価をあげることですが、被リンクを大量に集めただけではランキングは上位にすることはできません。

食べ物を扱うサイトなら、食料品を扱うお店やレストランなどのサイトからの被リンクを増やすみたいに、できるだけ関連性の高いサイトからの被リンクを増やすことが、seo対策として成果をあげることにつながります。

ユーザビリティを意識したホームページ制作を行う制作会社とSEO対策専門の会社に依頼してより良いサイトを作ろう。

seo強いサイトを作るために行うべきこと

seoとは、Search Engine Optimizationの略語で日本語に訳すと検索エンジン最適化となります。

検索エンジンとはgoogleなどの主にウェブサイトの検索に特化したもののことです。seoの対策として内部対策と外部対策があります。

内部対策とは、自分のウェブサイトの中の改善を行うことで、外部対策とは、他のウェブサイトからの評価を上げるための対策のことです。内部対策では、主にキーワード選定が重要で、キーワードをタイトルの中に入れることはユーザーにわかりやすく自分のページ情報を伝えることができ、seoを強化することができます。そして、わかりやすいHTML構造にすることやコンテンツの質を上げることも強化につながります。外部対策では、被リンクを集めることで強化を行うことができます。

google社のseo対策におけるコンテンツ作成とは

google社のseo対策をしていく上で、良質なコンテンツが必要になっていくのは広く知られていますが、実際どのようなコンテンツを作っていいのかは分からない人もいるかも知れません。良質なコンテンツには次のようなことが必須と言われています。

一つ目は利用するユーザーが求めている情報にぴったりと合った情報を届けることや、ユーザーの潜在的にある悩みや、奥に秘めている願望を高い確率で解決でき、さらには120パーセント満足できるホームページであれば確実です。しかしながら実際作っていくのはむずかしく、大阪や東京などにはseo対策の指導をしてくれる会社もあります。

seo対策を行ってgoogle上位の常連になろう

サーチエンジン最適化のことをseoといいますが、検索エンジンで検索をかけた時に上位に表示されるようにする対策を行ってくれる企業が大阪にもたくさんあります。Yahoo!Japanではgoogleの検索結果の提供を受け、そのまま同じ順位で表示するため、googleでseo対策を行えば日本の2大検索エンジンで上位にくいこめるという素晴らしさです。

ただ費用を払っても結果が出ないのでは意味がないので、上位化に成功しなければ報酬をもらわないという企業もあります。上位化に成功するとユーザーの目に触れることも多くなり、するとコンテンツを増強できるので上位にとどまる事が長期的に可能になります。